リハビリテーション部

住み慣れた地域で生き生きとした生活を... 心のこもったサービスを提供いたします。
リハビリテーションとは「障害を持つ方々が、住み慣れた地域でそこに住む人々と共に、生きがいをもって豊かに生活する事を援助する医療・保健・福祉の総合的な支援体系」を言います。当院のリハビリにおいても、地域の皆様や患者様のニーズにこたえられるように理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・マッサージ師が多数在籍し、急性期リハから維持期リハと一貫したリハビリ医療を提供しております。また、当院のリハビリテーションは、単に患者様の心身回復への訓練と考えるのではなく「心を通じ合わせることにより生きる力を取り戻す」ことと考えています。住み慣れた地域で、再び生き生きと暮らせるように、心を込めて支援致します。

療法紹介

1.理学療法士

神経生理学・運動学の理論に基づいた運動療法を中心に、身体の基本的動作能力を改善させる専門職です。
起きる・立つ・歩く等の基本的な動作能力の回復や向上を目指し、筋力増強練習や関節可動域練習、歩行練習などを行います。

2.作業療法士

特定の作業を通じ、日常生活動作やレクリエーションを媒体として、身体運動機能や精神心理機能を改善させる専門職です。

3.言語聴覚士

聞く・話す・読む・書くなどのコミュニケーション能力が障害される失語症や構音障害等の言語障害、噛む・飲み込むなどの摂食嚥下障害のある方に対し、VF検査(ビデオ透視嚥下検査)での嚥下機能評価に基づき、「噛む・飲み込む」といった練習を行い、安全に美味しく食事が行えるように援助します。

リハビリテーション科4つの特徴

1.チーム医療

医師を中心として複数の専門職「理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・介護員・医療相談員・管理栄養士など」によりチームを形成し、患者様が「できる動作」と病棟生活で「している動作」を見極めながらリハビリ計画を立てて、自宅退院・社会復帰に向けて全力でサポートします。患者様を中心とするチームメンバーは、それぞれの専門性を最大限に発揮し、質の高いサービスを提供します。

2.生活にそったリハビリ

病院での1日の生活「起きる・歯を磨く・顔を洗う・着替える・食事をする・トイレに行く・入浴する」すべてがリハビリになります。チーム体制として看護師等の病棟スタッフも参加しているため、個別的なリハビリ以外の時間にも、リハビリの要素を含めた生活を患者様一人ひとりに対してサポートします。

3.個別性・集中的にリハビリを提供

患者様一人ひとりに対して、退院後の生活を想定し、必要な動作を治療・練習します。私たちは専門職として、「できる動作」を増やし、それが病棟内で「している動作」になるように、そして在宅をイメージできるようにアプローチしています。

4.屋外歩行でリフレッシュ

院内の歩行練習だけでなく、応用的な歩行練習を屋上リハビリ専用スペースや屋外遊歩道で行うことによって、入院生活でのストレスをリフレッシュします。

チーム医療

1.リハビリカンファレンス

回復期リハビリテーション病棟の他、療養病棟・障害病棟・一般病棟などでも、担当医師や看護師とカンファレンスを定期的に開催し、医師とダイレクトに連携のとれる体制をとっています。

2.ミニカンファレンス

入棟日からリハビリは始まります。その日から「どの様な入院生活を送っていただくか」、「どのようなアプローチが必要なのか」を担当看護師・リハビリスタッフで当日に協議します。

3.FIMカンファレンス

FIMとは日常生活をどの様に送っているのかを計る評価表です。担当看護師やリハビリスタッフがそれぞれの専門性を生かし協議しながら評価を進めています。

自宅退院へ向けて

※実施する際には患者様・ご家族様の希望をお聴きしており、全患者様が対象となるわけではありません

1.買い物練習

近郊にあるスーパーマーケットでの買い物練習。実際に歩行又は車椅子で出かけ、食品の選択・支払・搬送を行います。

2.調理練習

ADL室のシステムキッチンで下準備から調理します。できた料理はリハビリスタッフがおいしく頂きます(疾病・衛生の為)。

3.家屋調査

患者様と一緒にリハビリスタッフが自宅を訪問し手すりの位置・段差・トイレ・お風呂などをチェックし退院に向けての応用動作の練習や退院後の生活のイメージを掴みます。

4.試験外泊

退院が近くなると試験外泊や外出を行います。帰院後に患者様本人の困った事や出来なかった事、ご家族様の介護方法などをお聴きし、退院までのリハビリに反映させたアプローチをします。

リハビリテーション科概要

施設紹介

リハビリテーション室全体
当院のリハビリテーション室は、理学療法室・作業療法室・言語聴覚室・物理療法室からなり、総面積は500平方メートルとなっています。温かみのある配色を意識しデザインされた空間で、より良い環境で・患者様主体のリハビリテーション実施に向けて取り組んでいます。
 
ウォーターマッサージ器
アクアタイザー
道南で初導入
アクアタイザーは、ウォーターベッドタイプならではの浮遊感に抱かれながら、「水」の流体特性を応用し、「手技療法」と同様の力強く・心地よい刺激を作り出します。
 
ADL室(日常生活訓練室)
ADL室は日常生活で行われる「寝る」「排泄する」「入浴する」「食事をする」などの各動作を再現できるように各設備を配置しております。これにより、より自宅での生活を意識し、退院に向けたリハビリテーションを実施しております。
屋外歩行練習コース
当院敷地内には、屋上と病院施設の外周を歩行できるような遊歩道を設けています。外周は約300mあり、休憩所・花壇・畑など外の空気に触れながらの歩行で、退院後の外出をイメージしてリハビリ出来るようになっています。
言語聴覚室(5室)
個別言語聴覚療法が行える5つの部屋を有しており、遮音構造でありながら光の取り込みを意識した設計となっています。
病院情報システム
オーダリングシステム・電子カルテ・リハ支援システムを導入し、情報のデーターベース化をしています。これにより予約管理・タイムスケジュールの効率化が図られています。
回復期リハ病棟
落ち着きのある色使いでありながら高揚感が高められるように、色彩デザイナーによってデザインされた病棟です。入院生活の全てがリハビリテーションを意識できるように病室・廊下幅・機能訓練室・食堂が配置されています。
リハビリテーション室面積
・500平方メートル
設置機材
・プラットホーム
・起立台
・OTテーブル
・アイソホース(筋力測定機器)
・渦流浴
・ホットパック など

電子カルテ・オーダリングシステム

当院では電子カルテ・オーダリングシステムを取り入れており、ペーパーレス化を図りました。また、リハビリテーション科ではリハビリ支援ソフトを導入し、患者情報の共有や業務の効率化を促進しました。

スタッフ

理学療法士 16名
作業療法士 12名
言語聴覚士 5名
マッサージ師 2名

リハビリテーション科へ就職希望の方へ

リハビリ対象疾患

【脳疾患リハ】脳梗塞・脳出血・パーキンソン病・廃用症候群・脊髄損傷など
【運動器リハ】大腿骨頸部骨折・脊椎圧迫骨折・上下肢の骨折・RAなど
【呼吸器リハ】肺炎・COPDなど

業務内容

新入職者は主に回復期病棟の患者様に対する業務となります

教育制度あり

個別にリハビリ運営・電子カルテ・疾患についてなど

臨床実習受け入れ校

西野学園札幌リハビリテーション専門学校・北海道医療大学・北海道千歳リハビリテーション学院・札幌医療福祉デジタル専門学校・北海道文教大学

※もっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。見学も可能です。