ごあいさつ

医療法人 亀田病院
理事長 蒲池 匡文

北海道の表玄関ー函館市。五稜郭、トラピスチヌ修道院、そして異国情緒あふれる街並と美しい夜景などの魅力ある街に精神科医としてロマンを求めて、初代理事長蒲池愛文が病院を開設したのは昭和38年のことです。以来、地域に密着した治療実績をあげ、治療上の必要からと来るべき高齢化社会を迎えるなかで増床を重ね、昭和62年に亀田北病院、平成元年に老人保健施設「グランドサン亀田」を開設し、現在679床の病床を持つ医療機関となりました。

これからの病院は、安心、安全、信頼、親切、そして迅速なサービスに心がけ、患者様と医療スタッフの信頼関係を確保し、広く地域の方々の信頼を得ることがより大切だとわたくしは考えています。地域の先生方との連携を大切にしたシステムづくりが、わたくしの課題と考え、邁進する所存です。

今後より一層のご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。